バイアグラと早漏の原因を考えてみる

バイアグラを飲む前に

バイアグラを飲む前に、早漏の原因を考えてみると?
バイアグラは早漏も防いでくれることが、人気の一つの理由かもしれませんが、やはりまずは早漏の原因をいろいろと考えてみることも大事ですね。
早漏の原因は、心因的なものが大きいとよく言われます。
まだセックスに不慣れだと、緊張してしまったり、興奮が高まりすぎて、ペニスが刺激に過敏になることですぐに射精してしまう、というわけです。
つまり、ペニスへの刺激が大きく関わっていると思いますが、実際は、射精する要因として、ペニスに対する刺激によるものは、男性全体で見ても、30%くらいとされています。
では何によって射精するのかといえば、脳が興奮することにより、自立神経が自分の意思に反して射精する態勢になってしまうため、というのです。
自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあり、セックスの際は、副交感神経の作用によりリラックスした状態が保たれますが、いざ挿入となり、ピストン運動を繰り返すうち、ペニスへの刺激により交感神経が射精する態勢に入りますが、ここまで至ると、自律神経は自分の意思でコントロールできなくなり、射精を止めることが出来なくなってしまうのです。
これは、この薬に限ってではなく、シアリスやレビトラなどのED薬を服用しても同じ事です。
ED治療薬について詳しく知りたいなら、シアリスとはやレビトラについてなどで検索して調べるのも良いですね。

 

射精をコントロールする

これで、早漏の原因が多少はわかったかもしれませんが、では、早漏を防ぐにはどうすれば良いのでしょうか?
そのためには、交感神経により射精が止められなくなる前に、副交感神経によるリラックスした状態に戻すことです。
つまり、自分の興奮度をうまくコントロールするのが大事、というわけです。
方法としては、挿入後、すぐペニスを抜き、一旦快感を冷ましてから、また挿入しピストン運動を行い、射精しそうになったらたら、これを繰り返す。
また、射精しそうになれば一旦ピストン運動を止め、射精感が収まってからまたピストン運動を再開する。
セックスとまったく関係ない、ほかの事を考えるようにする。
グッズを使う方法としては、麻酔成分が入った早漏防止用のコンドームや、早漏防止ローション、スプレーを使う、という方法もあります。
しかし、初めはなかなかうまく行かないかもしれません。
要は、パートナーの協力も得ながら、できるだけ気分を落ち着かせるようにして、徐々に慣れるようにしていけば、自然に射精をこらえることができるようになるでしょう。
また、仮性包茎が早漏の原因になる、とよく言われますが、仮性包茎の人でも、マスターベーションだと射精をコントロールできるものです。
このため、仮性包茎のため、亀頭が敏感なのが原因と考えるのは間違いでしょう。
この場合も、仮性包茎によるコンプレックスが原因となることが多いものなのです。
早漏は決して恥ずかしいものではありませんし、女性から嫌われるものでもない、ということを頭に入れて、リラックスしてセックスに臨み、少しばかりバイアグラの助けも借りれば良いのです。
バイアグラが届く通販サイトはここです。

 

早漏の原因を無くす

バイアグラを飲んだおかげで、早漏が治ったという声もよく聞きます。
確かに、バイアグラはペニスを硬くし、少しばかり亀頭の感覚も鈍ることから、刺激に耐えられるようになり、射精をコントロールしやすくなる、という効果があります。
ただ、やはり早漏の原因を根本的に無くすものではない、ということは頭に入れて置くべきでしょう。
でも、バイアグラを飲んでいるのだから、ということで自信はつきますし、多少は心理的な効果もあるのは確かです。
たとえ早く射精してしまったとしても、バイアグラを飲んでいれば勃起力が高まるので
2回目にも入りやすくなりますし、2回目は射精しにくくなります。
このため、たとえ1回目が早く終わっても、2回目で彼女を満足させることができる、というメリットもあるわけです。